監察医朝顔(漫画)を無料で見る方法はこれ!第1話のネタバレも!

こんにちは!SARAです!

令和初の月9が「監察医朝顔」になるとフジテレビから公式に発表がありましたね!

 

監察医朝顔(漫画)第1巻を無料で読んでみたのでネタバレを記事にしてみたいと思います!

それにしてもこのところ医療ドラマがフィーバーしていますね笑

監察医朝顔(漫画)を無料で見る方法はこれ!第1話のネタバレも!

主な登場人物

主人公の万木朝顔(まき・あさがお)新米法医学者。「死因不明」の遺体を出したくない。

そんな信念を持ち、時に職務の域を超えてまで遺体と向き合います。

 

時に、警察が「自殺」と断定した遺体であっても、わずかな疑問を見過ごすことなく結果を覆すこともしばしば。

そんな朝顔を支えるのが、父親でもありベテラン刑事万木平(まき・たいら)。

 

捜査の域にまで踏み込んでしまう朝顔をたしなめつつも、結局は刑事として協力をしてあげる優しい父親です。

朝顔が抱える問題

法医学者の娘(朝顔)と刑事の父(平)は同じ屋根の下、2人で暮らしています。

各々対立しやすい立場なのにそれでも同居を選ぶには訳がありました。

 

実は朝顔の母は東日本大震災で行方不明になっているのです。

母を失ってしまった心の穴を父が優しく寄り添い埋めているのですね。

監察医朝顔(漫画)を無料で見る方法はこれ!第1話のを読んでみた。

第1巻が無料で配信されていたので読んで見ました!!

第1話 朝顔先生、事件です!!

ある日、川で亡くなったと見られる女性の遺体が発見されます。

死斑から「溺死」とされ、残すところは「自殺」か「他殺」の2択に。

 

死体を解剖すると、内臓からウレタンの破片物が見つかる。

だが一体なんなのか分からず、頭を抱える朝顔。

 

そこへ、遺体の確認に来た息子と内縁の夫。息子はまだ4、5歳にも関わらず気丈に泣くまいと振舞います。

男は絶対泣くなって!!

生前、母親から言い聞かされてきたのか、息子は泣くもんかと歯を食いしばります。

 

ですが、朝顔の「きっと、今だけは許してくれんじゃないかな」という諭しにタガが外れたように泣き喚きます。

朝顔先生のふとした疑問から捜査は進む

内臓から発見されたウレタンの他に、朝顔は内縁の夫のふとした態度に疑問を持ちます。

また「男は泣くな」なんて言う母親が自殺なんかするかな…?そんな疑問が心に引っかかります。

 

しかし、刑事であり父の平の捜査では内縁の夫のアリバイは完璧と証明されます。

さらに、川の上流では亡くなった女性の靴が、川に向って揃って並べられているのが見つかりました。

 

「やっぱり自殺」と誰もが思い捜査が終わろうとします。

 

しかし朝顔は諦めません。

 

そしてついに!!内臓から発見されたウレタンが何だったのかを突き止めます!

悲しい動悸、恐ろしい結末

ついに遺体が他殺なのか自殺なのかが判明します。

 

…ですが、そこにはとっても悲しい動悸と恐ろしい結末が待っていました。

母を亡くしてしまった幼い息子。

 

その息子が最期に挙げる「好きな言葉」が胸に刺さりました。

監察医朝顔(漫画)を無料で見る方法はこれ!第1話のネタバレも!【感想】

じっくり1巻を読んでみましたがとっても続きが気になりました。

「型破りな医者」って結構周りから嫌われている設定が多くないですか??

 

朝顔先生は自然と周りを巻き込む美人な先生という感じ。ドラマになるとどうなんでしょうね!

このマンガのおもしろポイント

  • 法医学者の娘と刑事の父という親子コンビが新鮮
  • 型破りなのに嫌われないキャラが好き
  • 信念の裏に隠されている闇が気になる
  • 絵のタッチがやや昔風でリアリティがある

▼関連記事▼

監察医朝顔(漫画)を無料で見る方法はこれ!第1話のネタバレも!まとめ

フジテレビの月9になるなんて、きっと話題作になるでしょうね!

「医者のドラマはハズれない」という鉄則?があるからか、毎クールに必ず医療系のドラマが!

 

朝顔先生はどこまで視聴率に食い込むか今からとっても楽しみです!

 

その前に、無料で第1巻が読めるのでぜひ読んでみてはいかがでしょうか♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

SARA

はじめまして!一児の母のSARAです! 娘(もち子)と夫さん、うーちゃん(猫)、しーちゃん(犬)の3人+2匹暮らし。 好きな食べ物:焼肉・パプリカ・みかん 嫌いな食べ物:レバー 趣味:ケーキ作り・ハンドメイド 短所:飽きっぽい(!) ご訪問ありがとうございます。更新はマメなのでちょくちょく遊びに来てくださいね。